柴田杏里  ANRI Shibata  :guitar

1951年東京生まれ。 父はフルーティスト、母はピアニストという環境に生まれ育ち、3歳よりヴァイオリン、ピアノを習い始める。
中学生の時にエレキギターを独学。
1970
年スペインに渡り、マドリッド王立音楽院にてホルヘ・アリサ氏に師事。また、在西中にナルシソ・イエペス、サインス・デ・ラ・マーサ、ホセ・ルイス・ゴンザレスの各氏に師事。1976年同音楽院を主席で卒業。
1975
年、マドリッド王立音楽院およびUME共催のギターコンクール第2位。1976年、マドリッド文化省主催国際コンクール第3位。
同年第4回マヌエル・パウラ・ギターコンクール第1位、同時にバレンシア・フィルハーモニー賞受賞。1978年、第12回ターレガ国際ギターコンクール第1位。
1981
年帰国。1982年、第1回ホセ・ルイス・ゴンザレス国際ギターコンクール第1位。
国内各地でホームコンサートを中心に年間7080回演奏する傍ら、マドリッドのアテネオ・ホール、ロンドンのウィグモアホール、ニューヨークのカーネギー・ウェイル・リサイタルホール、ワルシャワ芸術アカデミーホールなどで招待演奏を行う。
1998
年には第6回ヴィラ・ロボス国際ギターコンクール審査員としてブラジル政府より招待され、同時にリオデジャネイロ、ヴィラ・ロボス博物館等でコンサートを行う。また、1999年、第37回ヴィラ・ロボス・フェスティバルでリサイタルを行う。
CD
ソロアルバムとして、「エル・ラストロ」、「パラ・ス・ノヴィア」、「エル・メスティーゾ」、「王子のおもちゃ」、マンドリンとのデュオCDとして「デュオ・サンクス」をリリース。

伴奏者、アレンジャーとしても才能にも富み、弦楽器、管楽器、歌まで、様々なユニットの編曲や伴奏を手がけ、古典から現代音楽に至るまでレパートリーは多彩で定評がある。優れた音楽性と天性のリズム感は聴く人を魅了し、世代を問わずファン層は厚い。

月の沙漠コンサートに戻る